想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

タバココナジラミ多発で防除徹底を 宮崎県2021年1月28日

一覧へ

宮崎県病害虫防除所は、タバココナジラミの発生率が平年と比べ高いことから、1月25日に病害虫防除情報第8号を発表した。

タバココナジラミ成虫タバココナジラミ成虫

1月中旬の巡回調査で、タバココナジラミの発生面積率は36.4%(平年14.6%、前年36.4%)、100葉当たりの虫数は2.3頭(同0.6頭、同2.8頭)でいずれも前年に比べ高い水準となっている。今後も気温の上昇とともに、タバココナジラミの活動が活発化することが予想されることから、防除対策の徹底を呼びかけている。

〈防除対策〉

〇雑草はタバココナジラミの生息・増殖場所となるため、施設内や周辺の除草を徹底する。特に暖房機の下や内サイドビニルと外ビニルの間などは見落とす可能性が高いため注意する。

〇低密度のうちに防除を実施し、薬剤散布後は防除効果に注意を払いながら、必要に応じて追加防除を行う。

〇有効な薬剤に対する抵抗性の発達を回避する観点から、同一系統薬剤の連用を避けローテーション散布を心がける。また、抵抗性発現の可能性が低い微生物農薬や物理的に窒息死させる気門封鎖剤を防除体系に組み込む。

同県病害虫防除の担当者は、ここ数年タバココナジラミの発生率が高い状況が続いており、その要因のひとつに適切な防除が行われていないことを挙げ、「今後、気温の上昇とともにタバココナジラミの活動が活発化することが予想される。防除対策の徹底をお願いしたい」と話した。

発生面積率の推移(左)と100葉当たり虫数の推移発生面積率の推移(左)と100葉当たり虫数の推移

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る