Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食品産業景況 依然厳しく-日本公庫2021年4月1日

一覧へ

コロナ禍による売上高減など影響があるとする割合が減ったが、依然として厳しい状況にあることが日本政策金融公庫農林水産事業の調査で分かった。

2020(令和2)年下半期の食品産業の景況と新型コロナウイルス感染症拡大の影響を今年1月に調査した。

景況は2020年上半期実績から17.1ポイント上昇し▲24.5となった。2021(令和3)年上半期の見通しは2020年下半期から1.1ポイント上昇し▲23.4となった。日本公庫は「総じて持ち直しの動きが見られるが、過去の水準からするとまだ低位。依然として厳しい状況がうかがえる」と分析している。

業種別の景況DIでは製造業(▲29.4)、卸売業(▲25.2)、飲食業(▲65.9)で引き続きマイナス値となったが、いずれもマイナス幅は縮小した。また、前回調査(2020年上半期実績)でプラス値に転換した小売業は、さらに12.1ポイント上昇し30.4となった。

業種別の見通しは、2020(令和2年)上半期から上昇傾向にあった小売業で50.6ポイント低下し▲20.2となった。一方、20年上半期に▲81.6だった飲食業は47.3ポイント上昇し▲18.6となった。

新型コロナウイルス感染症の拡大による売上高への影響については、全業種でマイナスの影響があるという回答の割合が低下したが、依然として飲食業の88.9%、製造業の68.4%、卸売業の68.3%でマイナスの影響と回答した。ただ、小売業では58.5%がプラス影響ありと回答し、前回(2020年7月)調査から2.1ポイント上昇した。

コロナ禍で重点的に実施した取り組みは、すべての業種で「衛生対策に配慮した施設設備、管理面の強化」がもっとも高くなった。

また、今後の商品開発のコンセプトは製造業と卸売業では「付加価値(新機能、高い訴求力)」、小売業では「品質」、「飲食業では「経済性(値ごろ感、コストパフォーマンス)」を重視するという回答割合がもっとも高くなった。

今後の経営発展への取り組みでは、業種を問わず「需要の変化に対応した商品・生産物の見直し、開発」、「人員確保、育成対策」の回答割合が高くなった。製造業では「需要の変化に対応した商品の見直し、開発」が50.5%ともっとも高く、「人員確保、育成対策」34.3%、「販路多様化」33.3%となった。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る