Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

オオタバコガ多発で注意報 愛知県2021年5月26日

一覧へ

愛知県農業総合試験場は、県内全域のキク、野菜類(キャベツ等)で、オオタバコガの発生が平年に比べ多いことから、5月21日に病害虫発生予察注意報2号を発表した。

キクを加害するオオタバコガの幼虫キクを加害するオオタバコガの幼虫

キクほ場に設置しているフェロモントラップに、オオタバコガ成虫の誘殺数が4月下旬から5月上旬に急増した。

5月第1半旬から第2半旬の誘殺数は、キクほ場に設置している稲沢市で平年に比べ3.1倍(今年39頭、平年12.56頭)、豊川市で6.1倍(同49頭、同8.0頭)。

ダイズほ場に設置している西尾市では14.9倍(今年170頭、平年11.38頭)、豊田市で4.3倍(同97頭、同22.67頭)だった。

この結果、西尾市と豊田市、豊川市では、過去10年間で最も多い誘殺数となった。

名古屋地方気象台が5月20日に発表した1ヵ月予報によると、向こう1ヵ月の気温は平年並みか高いと予想している。同試験場では、次世代幼虫の発生が増えるとみており、防除徹底を呼びかけている。

防除対策は次のとおり。

〇茎、花蕾、果実または、キャベツ等の結球部に食入した幼虫や、発育が進んだ幼虫に対しては、薬剤の効果が著しく低下するため、若齢幼虫の時期に薬剤防除を徹底する。

〇茎葉、花蕾、果実等の被害部位の残渣は、卵や幼虫が付着している可能性があるため、放置せず適切に処分する。

〇キクは、生長点付近や花蕾を加害されると商品価値がなくなるため、早期発見に努め、キクや花き類に適用のある農薬で防除する。

〇オオタバコガは広食性で多くの野菜類や花き類を加害するため、ほ場への成虫の飛来や幼虫の発生状況に注意する。

〇施設栽培では、開口部に防虫ネットを設置し、成虫の侵入防止に努める。

〇薬剤感受性が低下しないようにIRACコードを考慮し、農薬の連用は避ける。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る