Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
全農ビジネスサポート:センター上:PC
JA三井リース中央(1)SP

オクラのうどんこ病多発で注意報 沖縄県2021年6月4日

一覧へ

沖縄県病害虫防除技術センターは石垣島で、オクラのうどんこ病の発生が多発していことから、病害虫発生予察注意報第3号を5月31日に発表した。

オクラのうどんこ病オクラのうどんこ病

石垣島で行った5月第3週のほ場調査の結果、うどんこ病の発生ほ場率は100%(平年値65%)で全ての調査ほ場で確認された。発病葉率は29%(平年値9%)で、平年に比べ多発生となっており、注意を呼びかけている。

この病は、葉に薄く白粉をふりかけたような症状がみられ、病勢が進むと葉柄にも発生し、株の全体が白粉に覆われる。比較的、乾燥条件下で多発しやすく、病葉上に形成された胞子は、乾燥が続くと周囲に飛散し蔓延する。防除対策は次のとおり。

〈防除対策〉
○密植や茎葉の繁茂時に発生しやすいため、下位の罹病葉や残葉は速やかに処分し、風通しを良くする。
○窒素過多にならないようにする。
○草勢を維持し、適切な施肥管理を行う。

最新の記事

愛知製鋼右上:SP

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る