Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ウンカ類早い初飛来で防除対策の徹底を 三重県2021年6月21日

一覧へ

三重県病害虫防除所は6月11日に、水稲でウンカ類(トビイロウンカ、セジロウンカ)の初飛来を確認。これを受け、6月17日に病害虫防除技術情報第6号を発表し、今後の防除対策の徹底を促している。

2020年に発生したトビイロウンカによる坪枯れ被害の状況(左)とトビイロウンカ成虫(右上:長翅型、右下:短翅型)(写真提供:三重県病害虫防除所)2020年に発生したトビイロウンカによる坪枯れ被害の状況(左)とトビイロウンカ成虫(右上:長翅型、右下:短翅型)(写真提供:三重県病害虫防除所)

松阪市嬉野川北町の予察灯(100w水銀灯)で、6月11日にトビイロウンカ1頭、12日にセジロウンカ2頭の初誘殺を確認した。セジロウンカの初誘殺は、平年7月3日であることから、今年のウンカ類の飛来は平年に比べ、20日以上早い状況になっている。

日本植物防疫協会提供のウンカの飛来解析によると、三重県には5月17日、18日、21日、27日、29日と6月4日に飛来した可能性があるという。

すでに近県の和歌山県、大阪府、奈良県、静岡県では、5月中旬から下旬にかけてトビイロウンカの誘殺が確認されており、三重県でも広い範囲で飛来したことが推察されるとしている。
有効積算温度による発生予測によると、今年は飛来時期が早く、第3世代の発生に伴う被害が8月中旬から予想される。そのため、同防除所では「普通期水稲だけでなく、早期水稲でも被害が発生する可能性があるため、必ず防除対策を行ってほしい」と注意を呼びかけている。

作期ごとの防除対策は次のとおり。

〈早期水稲〉
○6月中の農薬散布は、第1世代幼虫の防除に効果を示す。
○7月後半の農薬散布は、第2世代幼虫の防除に効果を示す。穂ぞろい期にカメムシ類防除を兼ねた散布を行う。

〈普通期水稲〉
○移植時に箱施用剤などでウンカ類防除を行っていない場合や、箱施用剤の農薬成分がウンカ類に対して効果の低いものの場合は、6月または7月後半に農薬散布を行う。
○出穂期の8月以降には、カメムシ類防除を兼ねた散布を行う。

この種は株元に生息しているため、液剤・粉剤を散布する場合は、株元に十分かかるよう散布する。

また、感受性低下が報告されている次の剤は使用を避けるよう促している。

トビイロウンカ
農薬成分:イミダクロプリド、チアメトキサム、クロチアニジン、ブフロフェジン

セジロウンカ
農薬成分:フィプロニル

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る