JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

シロイチモジヨトウの多発で防除徹底を 愛知県2021年8月19日

一覧へ

愛知県農業総合試験場は8月17日、キャベツ、大豆でシロイチモジヨトウのフェロモン誘殺数が平年より多く推移していることから、被害防止を図るよう促している。

シロイチモジヨトウの老齢幼虫(写真提供:愛知県農業総合試験場)シロイチモジヨトウの老齢幼虫(写真提供:愛知県農業総合試験場)

キャベツほ場に設置したフェロモントラップにおける7月第1半旬から8月第2半旬までの総誘殺数は、豊橋市で806頭(平年404.8頭、前年362頭)と過去10年間で2番目に高く、田原市では1235頭(平年612頭、前年1614頭)と過去10年間で3番目に高い水準となった。

8月上旬にダイズほ場で実施した巡回調査では、この虫の寄生株率は9.0%(3地点6ほ場の調査)となり、シロイチモジヨトウの寄生は近年増加傾向がみられる。

名古屋地方気象台が8月12日に発表した1か月予報によると、気温は平年並か高いと予想。この虫の発生に好適な条件であることから、防除の徹底を呼びかけている。

〈防除対策〉
○幼虫の寄生を確認次第、薬剤で速やかに防除する。 ○齢の進んだ幼虫には薬剤効果が低下するため、若齢幼虫のうちに薬剤防除を行う。
○この虫は非常に広食性で、寄生範囲が広いため、増殖源になるほ場周辺の雑草は除去する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る