JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

2021年産米 相対取引価格12%下落-9月2021年10月15日

一覧へ

農林水産省は10月14日、2021(令和3)年産米の9月の相対取引価格を公表した。前年同月比で12%下落した。

2021年産米 相対取引価格12%下落-9月

全銘柄平均で60kg1万3255円で前年同月比で1888円下落した。取引数量は12万9000tで前年同月比で113%だった。

一部の銘柄では前年価格と横ばいだったが、27%下落した銘柄もある。9月の相対取引価格は2019年産が1万5716円で2年連続で下落した。

前年産の通年平均価格は1万4567円より▲1312円となっている。農水省は今回公表した相対取引価格は9月の実績で、先日公表した15万tの長期保管措置など「特別枠」対策の決定以前と説明している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る