ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
バイエルクロップサイエンス:SP

新潟米オンザライス選手権 初代王者は「新之助×藤五郎梅の梅干し」に決定2021年11月26日

一覧へ

新潟米に一品のおかずを乗せ、そのおいしさや見た目の美しさを競う「新潟米 オンザライス選手権」の決勝大会が11月23日に開かれ、審査の結果、「新之助」と「藤五郎梅の梅干し」が初代王者に選ばれた。

初代王者の「新之助×藤五郎梅の梅干し」初代王者の「新之助×藤五郎梅の梅干し」

同選手権は、旨味、甘み、粘りや美しさなどの魅力を兼ね備えた新潟県産米の「見た目の美しさ」に着目。新潟・岩船・佐渡・魚沼の4地域の「コシヒカリ」と新ブランド米「新之助」の計5種類の新潟米のごはんに、絶品のおかずをのせる瞬間、どの新潟米が一番おいしそうに、力強く、華麗におかずを受け止めるかを競うコンテスト。ごはんに合うおかずを各3品ずつ計15品選抜し、5週間にわたる予選大会を開催し、各週のTwitterで最もリツイート数が多かった5つの新潟米とおかずの組み合わせが決勝大会へ進出した。

決勝大会当日は、審査員に、元体操競技選手の森末慎二さんと5ツ星お米マイスターの澁谷梨絵さん、霞が関初の官僚系YouTuber「BUZZ MAFF」の白石さんが、おかずの"着地の美しさ"や"お米のおいしさ"など、様々な視点から審査した。また、東京・大塚の人気おにぎり専門店「ぼんご」の女将・右近由美子さんが特別ゲストとして登場し、お店で人気の「牛すじ」を実食した。

新潟米「新之助」公式Twitterアカウントでは、選手権出場の全5種の新潟米と優勝したおかずの「藤五郎梅の梅干し」が当たるキャンペーンを11月30日まで実施中。自身のTwitterアカウントから、「新潟米『新之助』(@shinnosuke_ngt)」と「新潟米 オンザライス選手権(@ngt_ontherice)」の公式アカウントの両方をフォローし、新潟米「新之助」公式Twitterアカウント内の対象のキャンペーン投稿をリツイートすると、抽選で5人にプレゼントされる。

決勝大会審査の様子決勝大会審査の様子

【決勝大会の様子】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る