FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

豊橋産農産物が楽しめる「冬の豊橋産食材フェア」2月6日まで開催中2022年1月27日

一覧へ

愛知県豊橋市は、JA全農がプロデュースする東京都と大阪府内の飲食店3店舗で豊橋産農産物を使った期間限定メニューが食べられる「冬の豊橋産食材フェア」を2月6日まで開催している。

みのりカフェ 三越銀座店の「章姫のフルーツサンド」(単品600円)(左)、豊橋産野菜を使ったみのる食堂 三越銀座店の「惣菜各種」みのりカフェ 三越銀座店の「章姫のフルーツサンド」(単品600円)(左)、
豊橋産野菜を使ったみのる食堂 三越銀座店の「惣菜各種」

豊橋市は、豊かな水と温暖な気候に恵まれており、農業が盛んな地域。露地野菜、果樹、園芸作物、稲作など多種多様な作物が栽培され、全国トップクラスの農業産出額を誇る。豊橋産農産物の認知度の向上とブランド化を図る今回のフェアでは、旬を迎える野菜や果物をふんだんに使ったメニューを展開している。

豊橋産めぐりとまとの「Azuki」と「Plum Lemon」豊橋産めぐりとまとの「Azuki」と「Plum Lemon」

豊橋市の太平洋に面した気候のいい土地で、こだわって栽培されるミディトマトの「めぐりとまと」は、「Azuki」「Plum Lemon」「Plum Red」の3種。最先端技術を採用した養液ハウスで栽培され、一粒一粒愛情を注ぎ大切に育てられている。また、「スティックサラダ」(スナップえんどう)は、ハウス栽培によるしっかりとした生産管理によって、全国トップクラスの品質。実が成熟してから収穫するため、サヤが肉厚で大きく、甘みが強いのが特徴だ。さらに、豊橋市が生産量日本一を誇る「ラディッシュ」は、全国シェアの50%を占めており、雨や風にさらされて傷がつかないように1年中ハウスで栽培。色鮮やかな真紅色で、歯ごたえがよく、消費者の好みに合わせて様々な大きさのものを生産している。一方、今が旬のブランドいちご「章姫」は、果実が長めの円錐形で、酸味が少なく甘さをしっかりと感じられる品種。果肉が柔らかく、果汁もたっぷりで、酸味が苦手な人や子どもに人気がある。

「冬の豊橋産食材フェア」は2月6日まで、東京・銀座の「みのりカフェ 三越銀座店」「みのる食堂 三越銀座店」と大阪の「和牛とごはん焼肉じゅん 枚方市役所前店」で実施中。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る