秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

北海道は小麦、大豆へシフト そば作付け減 2021(令和3)年統計2022年4月6日

一覧へ

農林水産省は4月5日、2021(令和3)年産そば(乾燥子実)の作付面積と収穫量を発表した。全国の作付面積は前年産にくらべ1100ha(2%)減少した。

北海道は小麦、大豆へシフト そば作付け減 2021(令和3)年統計

全国の作付面積は6万5500haで前年産にくらべ1100ha(2%)減少した。

このうち北海道では1400ha減少(5%)し、2万4300haとなった。田では△680ha、畑では△700haだった。

農水省によると北海道ではそばから小麦、大豆への転換が進んだという。
一方、都府県では300ha増加した。とくに東北では600ha増加した。不作付け地の解消のために地域の担い手がそばを作付ける取り組みに加えて、昨年6.7万haの主食用からの作付け転換が求められたことから水稲からそばへの転換も多かったという。増加面積のうち500haが「田」での作付けとなっている。

10a当たりの収量は62kgで作柄が良かった昨年の67kgを7%下回った。生育期間の多雨による発芽不良などの被害があったためだという。

ただ、10a当たりの平均収量(直近7年中5年平均)とくらべると111%となった。

全国の収穫量は4万900tで前年産にくらべて3900t(9%)減少した。北海道が1万7300t(42%)、山形3640t(9%)、長野2500t(9%)、福島2310t(6%)、秋田2160t(5%)となった。

そば輸入先 ロシア3位

玄そば(殻付きのもの)の国別輸入量基本計画ではそばの生産努力目標は2030年に4万tとしておりすでに目標を達成したことになる。
一方、輸入量はコロナ禍による外食産業への影響などで2019(令和元)年4万7000tが2020年には3万2000t、2021年には2万8000tへと減少している。

輸入先は中国産が1位だったが、2020年からは米国産が増えている。ロシアも主要輸入先の1つで8000t程度を輸入している。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る