FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

農薬危害防止運動 6月1日から 農水省2022年5月10日

一覧へ

農林水産省は、6月1日から8月31日までの3か月間、令和4年度農薬危害防止運動を実施する。

農薬危害防止運動 6月1日から 農水省

農薬の使用機会が増えるこの時期に厚労省、環境省などと共同で農薬の使用にともなう事故・被害を防止するため、農薬の安全で適正な使用や保管管理、環境への影響に配慮した使用などを推進する運動を実施する。

令和4年度のテーマは「農薬は、周りに配慮し、正しく使用」。周辺の環境への農薬の飛散防止を徹底することなどを重点的に指導する。

実施事項は、農薬とその取扱いに関する正しい知識の普及啓発、農薬による事故防止のための指導、適正使用、適正販売の指導、有用生物や水質への影響低減のための関係者の連携。

重点指導事項として▽農薬ラベルによる使用基準の確認と使用履歴の記帳の徹底、▽土壌くん蒸剤を使用した後の適切な管理の徹底、▽住宅地等で農薬を使用する際の周辺への配慮、飛散防止対策の徹底、▽誤飲を防ぐため施錠された場所に保管するなど保管管理の徹底を行う。

これらは近年継続して発生していることから重点指導とした。

運動の実施主体は農水省、厚労省、環境省、都道府県、保健所設置市、特別区。農薬の使用現場では関係団体が一体となって運動を推進する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る