左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

「近江日野産日野菜」がGI登録を取得 JAグリーン近江2022年10月21日

一覧へ

農林水産省は10月21日、滋賀県の「近江日野産日野菜」を地理的表示(GI)として登録した。

(写真右2人目から)堀江日野町長、藤木農林水産大臣政務官、大林JAグリーン近江組合長、岡JAグリーン近江日野菜生産部会長。(写真右2人目から)堀江日野町長、藤木農林水産大臣政務官、
大林JAグリーン近江組合長、岡JAグリーン近江日野菜生産部会長。

日野産日野菜は、室町時代に現在の日野町で発見された品種(かぶ)を起源として地域で原種の保全に努め現在まで栽培を続けている伝統野菜。交雑防止のために春先に地域に咲く黄色い花をすべて刈り取る「雑菜刈り」を行ったり、原種の採種・管理を行う組合も設立し、町内の多くの家庭でも栽培するなど、地域一体となって保全に取り組んできた。

ほっそりとした形で根の上部まで濃い赤紫色をしている。日野町の原種で栽培した日野菜には特有の苦味など風味があるという。

堀江和博日野町長は「各家庭でサクサク切って漬物にするなど、今なお生きている現在進行形の伝統野菜。タネと地域の土壌、そして住民で受け継いできた町の財産で、激変する時代にあって誇りを持っている貴重な取り組みと考えている。GI登録を起爆剤に次の時代につないでいきたい」と話す。

JAグリーン近江日野菜生産部会の岡伊佐夫部会長によると今年の栽培生産者は30人ほどで8haで作付けした。原種を採取する農家と共同し、登録を機に「ブランド力を生かしていきたい」という。

生産者団体として登録されたのはJAグリーン近江。大林茂松組合長は加工品の開発に力を入れ「若者から高齢者まで幅広く食べてもらえるよう努力していきたい」と話し、当面は10haに栽培面積を拡大していくと意気込む。

同JAが加工する近江日野産日野菜」はファマーズマーケット「きてかなーな」のほか、通販サイトJAタウンでも販売している。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る