第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

岡山県倉敷市で3例目の鳥インフルエンザ 国内7例目 警戒呼びかけ2022年11月11日

一覧へ

農水省は11月11日、岡山県倉敷市で今シーズン国内7例目となる高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたと発表した。同市での発生は今シーズン3例目で、2例目の農場から半径3キロ~10キロの搬出制限区域にある。

疑似患畜が確認された農場は倉敷市の採卵鶏農場で、約3万4000羽を飼育している。

10日、飼育している家きんの異状が見られるとの通報を受けて同農場への立入検査を実施し、簡易検査で陽性と確認されたため11日に遺伝子検査を行った結果、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜と確認された。

岡山県によると、今回の発生農場は、2例目の農場から半径3㎞~10㎞の搬出制限区域内にある。また、今回の農場の半径3㎞以内の移動制限区域内には2戸の農場があり約7万7000羽が飼養され、3㎞~10㎞以内の搬出制限区域内には6戸の農場があり約32万羽が飼養されているという。

岡山県は11日から発生農場周辺で防疫措置を進めるとともに、今年は全国的に鳥インフルエンザの流行が早まっていることなどから、県内の家きん飼養者に対して野鳥の侵入を防ぐネットの監視や農場周辺の消毒の徹底など警戒を強化するよう呼びかけている。

最新の記事

右上長方形:Z-GIS・SP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る