秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

日本穀物検定協会に3か月間の業務停止命令 農水省 外国産農産物検査業務めぐり2023年1月24日

一覧へ

農水省は1月24日、日本穀物検定協会が輸入米をめぐって不適正な検査を行っていたとして、外国産農産物の検査業務について2月6日から3か月間の業務停止命令と改善命令を出した。当該の米は政府が管理し、市場には流通していない。

農水省によると、同協会関西神戸支部管内で昨年7月、タイから輸入されたMA米約2800トンを陸上げ中に雨で一部が濡れたため、濡れた米を除いて再検査すべきところ、再検査しないまま検査証を交付した。また8月には、アメリカからのMA米約900トンのうちカビが生えた品質異常の米があったにもかかわらず、品質に問題のない米のみを検査して全量について検査証を交付した。当該の米は政府が管理しており、市場には流通していない。

同省はこうした事態について「登録検査機関としてあるまじき行為」として、2月6日から3か月間、外国産農物の検査業務に関して同協会に業務停止命令を出した。また、全事務所で農産物検査の実施が適正に行われているかを点検し、不適正な行為が確認された場合は、直ちに是正することなどを求める改善命令を出し、同協会が講じた措置について2月24日までの提出を求めた。

今回の措置について、日本穀物検定協会は「関係者に多大なご迷惑をおかけしたことをお詫びし、二度とこうしたことが起きないよう再発防止に努めたい」とコメントしている。

最新の記事

右上長方形:Z-GIS・SP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る