農政 特集詳細

特集:現場から考える農政改革

2014.02.13 
【現場から考える農政改革】(3)地域住民巻込み、都市農業の持続を一覧へ

露木徳行・神奈川県農協青壮年部協議会委員長

 米政策や経営安定対策の見直し、農業の多面的機能に着目した直接支払い制度の創設など、今年から新たな農業政策が動き出す。しかし、誰のための何のための農業政策かが忘れられてはならない。その視点を議論に生かすには現場からの発信を強める必要がある。全国の生産現場で活躍する青年農業者6人に思いを聞いた。

◆地産地消ニーズ高まる

露木委員長 両親と3人で露地野菜を栽培しています。ホウレンソウ、小ネギ、枝豆など13種類ほどつくっています。就農当時は1.5haでしたが現在は2haで経営しています。
 10年ほど前から、JAがオープンしたファマーズマーケット「じばさんず」と地元量販店での直売を販売ルートの中心にしています。やはり量販店も含めて地産地消のニーズが高まったことがこの10年の大きな変化で、今後は直売による売り先をどう拡大するかが課題だと思っています。

(写真)
露木委員長

 

◆農と観、直結を

青年部で地域に花を植える活動も 地元の青年部でポリシーブック作成の話し合いをしたときには、自ら取り組むテーマとして、規模拡大とそれにともなう労働力をどう確保するかを課題としました。規模拡大意欲は畜産や花き農家にもあります。
 そこで青年部としてパートの共同雇用ができないかと検討し始めています。品目によって農繁期が異なるため、働いてもらう農場を時期によってずらしていけば必要な労働力を確保できるし、働く側にとっても通年で仕事ができるのではとの考えからです。
 野菜農家には直売を柱にしようという盟友も増えています。しかし、販売先が増えれば毎日の出荷をどうこなしていくかもかなりの負担となりますから、これも青年部共同で出荷グループをつくる動きも出てきました。
 さらに観光農園のグループ化をしようという話も出ています。イチゴなど果樹農家に観光農園の希望がありますが、私たちはそれを個々の果樹園だけでめざすのでなくて、地域の農業全体と観光を結びつけられないかと考えています。秦野市の「観光」といえば「農業」と直結している、というイメージです。

(写真)
青年部で地域に花を植える活動も

 

◆都市農業で地域に安心

JAはだの青年部50周年のつどい こういう構想が出てきたのも自分たちの思いを文書化し実行するところまで考えるポリシーブックの運動が始まったからだと思っています。JAにもっと働きかけて新しい地域農業をつくっていきたいと思います。
 こうした取り組みを支える政策として望みたいのは、やはり都市農業振興ということになると思います。これからますます地産地消、顔の見える関係が大事になると思います。
 最初は、自分たちの名前をアピールしてもそのうち飽きられてしまうのではないかとも思っていましたが、やはり住んでいる近くで食べ物が作られているというのは、将来、食料がどうなるか分からないという時代にあって、安心感につながっているんだなと手応えを感じています。都市農業をどう残すか、それを政策としてきちんと議論してもらいたいと思います。
 もうひとつは鳥獣害対策です。地域でも被害は深刻で本腰を入れてほしい対策です。そのためには里山づくりの観点も必要で、そうなると林業振興も大事だと思います。個人的には農地の隣に高齢者介護施設があるので無償で農地の一部を貸し出して高齢者に野菜づくりなどをやってもらえたらと考えています。どんなことが起こるか分かりませんが、地域農業への理解につながると思うし、とにかくまずはやってみること、だと考えています。

(写真)
JAはだの青年部50周年のつどい

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ