左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:緊急企画:許すな!日本農業を売り渡す屈辱交渉

農家の意欲に水を差すな【三角修・熊本県JA菊池代表理事組合長】2018年10月5日

一覧へ

 安倍首相はTAGなどと言って、実質FTAに近い交渉を行おうとしているが、TPP以上の自由化はだめだ。TPPは、締結されてから16年目に牛肉の関税が現行の38.5%から9%になる。16年といっても、すぐ来る。これに輪をかけてアメリカの牛肉が入ると管内の畜産への影響は大きい。
 管内の肉用牛は、かつて繁殖経営は2、3頭飼いが中心だったが、繁殖・肥育の管内一貫経営を目指し、いまでは100戸の農家が4400頭飼育するまでになった。自前で素牛を確保するキャトルブリーディングステーション事業を始めたばかりだ。この取り組みで繁殖牛を5000頭にまで増やす計画で取り組んでいる。それによって繁殖コストが下がり、肥育農家も助かる。畜産農家の意欲に水を差すようなアメリカとの貿易交渉はやめて欲しい。

 

(本特集のまとめページ)
TAGに対する緊急企画「許すな!農業を売り渡す屈辱交渉」

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る