2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

岩渕友 日本共産党 参議院議員【緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」】2021年9月17日

一覧へ

岩渕友 参議院議員岩渕友 参議院議員

○岩渕友
○日本共産党
○参議院議員
○選挙区:参議院比例区
○出身地:福島県喜多方市

【1】現在の政府のコロナ対策についての評価
(1)ワクチン接種の問題点と今後の課題
ワクチン接種だけではコロナを抑え込むことはできないので、ワクチン接種と一体に、医療体制の強化、大規模な検査、十分な補償など、コロナを抑え込むために総合的な対策を講じることが必要。

(2)医療体制の問題点と今後の課題
政府は重症患者と重症化リスクの高い患者以外は「原則自宅療養」としているが、この方針を撤回し、症状に応じて必要な医療をうけられる体制が必要。そのためにも臨時の医療施設を確保し、政府が責任をもって医師・看護師を確保する。医療機関を対象にした減収補てんと財政支援を行う。

(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)への補償
事業者に自粛や時短営業などを求め、その影響は農業などにも及んでいるが、補償は不十分。十分な補償は経済対策であるとともに、感染拡大を抑止する上でも必要なもの。直接支援の拡充と給付の迅速化とともに、2回目の持続化給付金・家賃支援給付金の支給を行う。

(4)検査体制の拡充について
無症状の方も含め、感染している方を早く見つけて、治療にあたってもらうためにも、いつでも、誰でも、何度でもの立場で、検査を大規模に行って感染を封じ込めることが必要。

【2】今後のコロナ対策についての提案
政府は、科学的な指摘を無視、GoToキャンペーンやオリ・パラなどを強行。国民の声も聞かず、説明も行わず、憲法に基づく臨時国会の招集も行わないまま。科学に基づく対策、国民とのコミュニケーションは、国民の協力を得るために重要であり必要。さらに治療や事業の継続など、コロナ対応にまで自己責任が国民に押し付けられている。政府が命とくらし、生業を守る責任を果たさなくてはならない。

【3】コロナ禍で見えてきた日本の政治のあり方について思うことがありますか?
コロナ禍は、日本社会が抱えるさまざまな矛盾を浮き彫りにした。医療と公衆衛生を切り捨て、「使い捨て」の雇用を広げ、国民に「自己責任」を強いてきた新自由主義を続けていいのか、目先のもうけのために、気候危機をもたらした経済社会を続けていいのか、食糧の大部分を海外に依存するのではなく食料自給率を引き上げる必要があるのではないか、コロナが明るみに出した「ジェンダー不平等・日本」をどうやって変えるか、憲法9条を羅針盤にした平和な日本をどう築くのかなど、国民の声にこたえ新しい日本をつくる必要がある。

緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る