人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

田村智子 日本共産党 参議院議員【緊急特集・全国会議員に聞く どうするのかコロナ感染爆発】2022年2月4日

一覧へ

日本共産党・田村智子1.jpg田村智子 参議院議員

〇田村智子
〇日本共産党
〇参議院議員
〇選挙区:比例区
〇出身地:長野県小諸市

【1】これまでの政府のコロナ対策についての評価
(1)これまでのワクチン接種の問題点と3回目接種など今後の課題
(2)医療体制の問題点と今後の課題、
(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)の補償
(4)検査体制の拡充についてなどについてのご意見

(1)感染が縮小傾向にあった昨秋の時点で、次の感染拡大に備え検査能力の大規模な拡充やワクチン3回目接種など、体制を整えておくべきだった。3回目ワクチンについては、厚労省が科学的根拠なしとしている2回目接種からの間隔を原則8ヶ月としたことが遅れの原因。原則の見直しと、自治体への支援が必要。

(2)現在、発熱外来はパンク状態にある。重症者への検査・治療が急務であるにもかかわらず、発熱外来への補助金が昨年末に打ち切られ、診療報酬の大幅引き下げが行われている。これらを直ちに元に戻し、また発熱外来を増加すべき。

(3)中小企業は感染拡大のたびに営業自粛を求められてきたが、まともな補償がない。昨年11月に「月次支援金」が終了したが、新制度である「事業復活支援金」は感染が収まっていたときの制度設計であり、見直しが必要。全体の予算規模、個人事業者への給付額をはじめ、少なくとも持続化給付金並みへの増額、また審査の改善などが不可欠。

(4)検査能力の抜本的な拡充を、検査戦略を明らかにして進める。緊急に、医療機関への安定供給、エッセンシャルワーカーへの検査の重点化を行う。また、保育所、事業所、学校などを通じた抗原検査キットの配布によって、風邪症状などがあった場合に自宅で検査して、クラスター発生を防ぐなど進めるべき。

【2】オミクロン株拡大による今後のコロナ対策で政府は何をすべきか。

いまある検査能力を医療機関、高齢者施設、保育園、学校などハイリスクな場所へ重点的に投入すること、同時に検査能力そのものを思い切って拡大していくことの2点を同時並行で進める。濃厚接触となったエッセンシャルワーカーへの検査を徹底することで、社会経済活動の維持をはかる。

【3】コロナ禍で見えてきた「日本社会の課題」と現政権に望むこと。

日本は新自由主義のもと、格差と貧困が広がる"冷たい社会"、経済基盤が崩れ主要国で最も「成長できない国」、コロナ感染などの「危機に弱い国」となっている。
この新自由主義を転換し、"やさしく強い経済"への改革が必要。具体的には、政治の責任で日本を「賃金が上がる国」にするため、人間らしい雇用のルールをつくり、非正規雇用を正規化し、最低賃金を引き上げる。社会保障費の削減をやめ、拡充に転換する。大企業と富裕層に応分の負担を求め、消費税を5%に減税する。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る