第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

道下大樹 立憲民主党 衆議院議員【緊急特集・全国会議員に聞く どうするのかコロナ感染爆発】2022年2月4日

一覧へ

道下大樹_1.jpg道下大樹 衆議院議員

〇道下大樹
〇立憲民主党
〇衆議院議員
〇選挙区:北海道1区
〇出身地:北海道新得町

【1】これまでの政府のコロナ対策についての評価
(1)これまでのワクチン接種の問題点と3回目接種など今後の課題
(2)医療体制の問題点と今後の課題、
(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)の補償
(4)検査体制の拡充についてなどについてのご意見

(1)まず海外ワクチンメーカーからの確保が遅れてしまったこと、自治体への供給で混乱を招いたことが問題。3回目接種については、自治体などにワクチン供給日程を早めに示すとともに、副反応について情報公開と丁寧な説明を行い、希望する人が早期に3回目を接種できるよう政府は取り組むべき。
(2)コロナ患者を受け入れている医療機関と医療従事者は疲労困憊。あらゆる支援でバックアップして医療崩壊を防ぎ、コロナ病床を確保することが必要。
(3)暮らしや経済活動に対する自粛・規制と補償はセットで実施すべきだが十分ではない。必要な個人・法人に十分な補償を行うべき。
(4)当初から「いつでも、誰でも、無料で」受けられるPCR検査体制の整備を求めてきた。最近やっと実施されてきたが、検査キット不足が深刻。メーカーに対してもっと早期に増産を要請すべきだった。今後も検査キットは必要であり、政府が責任を持って調達すべき。

【2】オミクロン株拡大による今後のコロナ対策で政府は何をすべきか。

オミクロン株はこれまでのコロナウイルスより重症化リスクは低いというデータが出ているが、高齢者や基礎疾患を持つ人は重症化しやすいこと、感染力が非常に強いので陽性者が増えれば有症状者も増えて病床利用率が高くなり逼迫する恐れがあることなどから、政府はワクチン3回目接種を加速させるとともに、検査キットの増産と無料コロナ検査所の増設、病床確保、自宅療養者などに対する切れ目のない健康観察と食料やパルスオキシメーターなどの供給、経口薬の十分な供給などを行うべき。

【3】コロナ禍で見えてきた「日本社会の課題」と現政権に望むこと。

コロナ禍により、日本の社会、経済、医療、教育、政治など様々な分野で課題や脆弱性が浮き彫りになった。そしてその影響は特に社会的立場の弱い人たちにしわ寄せが来ている。それはこれまで「自助努力」「自己責任」という新自由主義的な政治が推し進められてきたことが要因と考える。現政権には誰もが安心して暮らせるための「充実した公助」を整備することを求めるとともに、まず分配があってそして持続可能な社会につなげる政治を求める。

【緊急特集】全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る