農薬 ニュース詳細

2014.01.21 
糸魚川市に新水力発電所 電気化学工業一覧へ

 電気化学工業は1月20日、新潟県糸魚川市内に新たな水力発電所を建設すると発表した。

 今回の建設は同社の創業以来の事業である石灰・カーバイド系事業の基盤強化が狙い。
 同社は現在、同市内に計15カ所の流れ込み式水力発電所を保有しており(共同保有含む、合計出力11万kW)、新たな発電所は青梅川上流に建設する。
 発電能力は8000kW、年間発電量は2600万kWhの見込み。当初20年間は発電した電力をすべて電力会社に販売する予定。投資額は約70億円で、平成27年着工、30年4月からの送電開始をめざす。


(関連記事)

新潟スタジアムの命名権取得 電気化学工業(2013.09.11)

健康関連を主力事業に 電気化学工業(2013.05.15)

暗渠排水管「トヨドレン」を増産 電気化学工業(2012.12.25)

群馬にメガソーラーを設置  電気化学工業 (2012.12.20)

メガソーラー用に保有地を貸与 電気化学工業が北海道で(2012.11.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ