農薬 ニュース詳細

2014.01.31 
米国で非農耕地向け農薬販売強化 住友化学一覧へ

 住友化学は、豪州の農薬会社ニューファーム社と提携し、米国での業務用非農耕地向け農薬の販売を強化する。1月30日に発表した。

 販売は、住友化学の米国でのグループ会社であるベーラントU.S.A社が、ニューファーム社のグループ会社であるニューファーム・アメリカス社を通じて2月16日から開始する。
 非農耕地向け農薬とは、ゴルフ場、造園、湖沼など農業以外の分野で使われる農薬であり、今回の提携により、両社の製品ポートフォリオの相互補完的な統合をめざす。販売はニューファーム・アメリカス社が一括して行う。
 住友化学とニューファーム社はすでに米国を含む世界21カ国で販売提携を結び、実施している。今後も引き続き業務提携をすすめ、農薬事業の強化・拡大につなげていく考えだ。


(関連記事)
小学校の"花育"を応援 住友化学園芸(2013.12.27)

住友化学、アルゼンチンに販売拠点(2013.09.19)

住友化学、米国で生活環境事業統合(2013.08.21)

水稲用除草剤の拡販めざす 住友化学(2013.05.28)

水稲除草剤「プロピリスルフロン」韓国で販売(2013.05.15)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ