左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

理科実験教室の参加小学校を募集 バイエル2014年3月10日

一覧へ

 バイエル ホールディング(株)は小学校5・6年生を対象にした「わくわく実験びっくり箱」の訪問校を募集している。

 「わくわく実験びっくり箱」は、同社の社員が講師となり、子どもたちに科学の面白さを伝える体験・質問型の出前授業だ。
 日本での開催は今年で12年目。これまで11年間に29都道府県の計39校を訪問し、地元の特産品を実験材料に取り入れるなどの工夫を凝らした授業を行っている。
 今年は6月頃、3校を訪問する予定で、現在その参加校を募集している。応募は小学校5・6年生の1クラス単位で、官製はがき、または同社ホームページから。
 応募は3月31日まで。書類選考の結果、4月中旬ごろ訪問校を決める。
 過去の訪問実績や詳しい授業内容などについては、上記ホームページや、JAcomの過去記事(2013年7月12日付など)を参照。


(関連記事)

細貝選手ゲストにサッカー教室 バイエル(14.01.09)

農業関連事業、ラテンアメリカで好調 バイエル(2013.11.12)

新規殺虫・殺ダニ剤「モベント フロアブル」(13.11.08)

バイエル号 平泉バルーンフェスティバルに参加(2013.10.18)

創立150周年を記念 飛行船バイエル号が来日(13.10.17)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る