左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業関連事業、ラテンアメリカで好調 バイエル2013年11月12日

一覧へ

 バイエルグループ(本社:ドイツ・レバクーゼン)は10月31日、2013年第3四半期の業績を発表した。農業関連事業や医薬品事業が好調を維持した。

 同期の売上高は96億4300万ユーロと前年同期比で0.2%減だった。金利・税引前利益(EBIT)は同47.5%増の7億3300万ユーロとなった。
 農業関連事業(バイエル クロップサイエンス社)は、売上高が同4.3%増の17億1200万ユーロだった。「ラテンアメリカで作付時期に向けて好調なスタートを切った」(マライン・デッカーズ社長)ことなどが要因。農薬部門では、殺虫剤と殺菌剤が好調。除草剤は前年同期に比べ微増、種子処理は前年同期とほぼ同じだった。
 そのほかの事業部門では、医療用医薬品の新製品が計4億ユーロ超を売り上げるなどヘルスケア事業が好調だった。


(関連記事)

細貝萌親子サッカー教室参加者募集 バイエル(2013.11.11)

新規殺虫・殺ダニ剤「モベント フロアブル」(13.11.08)

バイエル号 平泉バルーンフェスティバルに参加(2013.10.18)

創立150周年を記念 飛行船バイエル号が来日(13.10.17)

農業関連の投資増やす バイエル(2013.09.10)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る