左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

バイエル号 平泉バルーンフェスティバルに参加2013年10月18日

一覧へ

 バイエルグループ(本社:ドイツ)が創立150周年を記念し制作した飛行船「バイエル号」。10月12日から3日間にわたり行われた岩手県一関市の一関・平泉バルーンフェスティバルに参加した。

13日夜のバルーンイリュージョンの様子。中央奥が「バイエル号」 このフェスティバルは東日本大震災復興支援イベントとして、昨年初開催された。
 バイエル号は世界各国のランドマークを巡っているが、日本では震災からの復興を支援したいという思いから、被災地も回っている。
 バイエル号は12日早朝にフライトしたほか、13日夜に10基の気球とともにバルーンイリュージョンに参加。最終日の14日には、競技気球を応援するため会場上空を旋回した。
 来場者からは「飛行船をみることができてよかった。一関にきてくれて嬉しい」と歓迎された。また、会場では、子どもたちが飛行船のぬり絵をしたり、実物の飛行船のゴンドラとミニチュアのバルーンとの写真撮影をしたりなど、飛行船とのふれあいを楽しんだ。

(写真)
13日夜のバルーンイリュージョンの様子。中央奥が「バイエル号」


(関連記事)

創立150周年を記念 飛行船バイエル号が来日(13.10.17)

農業関連の投資増やす バイエル(2013.09.10)

農業関連事業が好調維持 バイエル上半期(2013.08.09)

新規芝用除草剤「スペクタクル」バイエル(2013.07.18)

バイエル、沖縄で出前授業 サンゴの大切さ学ぶ(2013.07.12)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る