農薬 ニュース詳細

2013.07.12 
バイエル、沖縄で出前授業 サンゴの大切さ学ぶ一覧へ

 バイエルは7月9日、沖縄県糸満市喜屋武小学校で、理科実験教室「わくわく実験びっくり箱」を行った。

風船を膨らませる実験をするバイエルのボランティア社員 このイベントはバイエルのボランティア社員が日本全国の小学校に出向いて行う出前授業で、今年で11年目を迎えた。沖縄を訪れるのは今回が初めて。
 この日は、住化バイエルウレタン(株)の中谷公二さんをはじめボランティア社員10人が参加し、同校の5、6年生24人を対象に、サンゴと二酸化炭素の関係や、自然保護の大切さなどを学んだ。
 授業では、サンゴに塩酸をかけて二酸化炭素を発生させたり、重曹とレモン汁を使って風船を膨らませる実験などを実施。炭酸ガスの発生であっという間に風船が膨らむと児童らはいっせいに驚きの声を上げるなど、この出前授業をとても楽しんでいた。児童らは「二酸化炭素の秘密がわかった」「二酸化炭素が空気より重いことが目に見えてわかった」などと感想を述べた。

(写真)
風船を膨らませる実験をするバイエルのボランティア社員


(関連記事)

ドイツ人ハーラルト氏が新社長に バイエル(2013.07.02)

バイエル、小学校で理科の実験教室(2013.06.28)

農薬関連事業でシェア拡大 バイエル(2013.04.04)

売上高は過去最高 バイエル2012年業績(2013.03.13)

【人事速報・機構改革】 バイエル クロップサイエンス (2月1日付)(2013.01.17)

施設の近隣住民向けイベントも バイエルが創立150周年記念行事を計画(2012.12.18)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ