左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

売上高は過去最高 バイエル2012年業績2013年3月13日

一覧へ

 バイエル・ホールディングス(本社:ドイツ・レバクーゼン)は2月末、2012年の業績を発表した。売上高は過去最高を記録した。

 売上高は前年に比べ8.8%増え397億6000万ユーロとなった。特に新興市場での売上が大きくのび、増収率は7.4%だった。
 特別項目計上前EBITDA(金利・税金・償却前利益)は同8.8%増の82億8400万ユーロだったが、訴訟などで特別項目の費用がかかったため、EBIT(金利・税引前利益)は同4.6%減の39億6000万ユーロ、当期純利益は同1%減の24億4600万ユーロだった。1株あたり利益は同1%減の2.96ユーロ。
 農業関連事業グループ(バイエル クロップサイエンス社)は、「めざましい成功を遂げた」(マライン・デッカーズ社長)。
 売上高は同15.5%増の83億8300万ユーロ、利益面では特別項目計上前EBITDAは同21.4%増の20億800万ユーロだった。
 売上高がのびたのは、農薬の新製品が好調だったことに加えて、種子部門の売り上げが急激に拡大したため。種子部門は同14.1%増で、地域では北米が、作物別ではナタネ、イネ、綿実の主要作物すべてで売上をのばした。
 13年の業績については、売上高をさらにのばし410億ユーロほどになると見込んでいる。農業関連事業グループの売上高は、15年までに100億ユーロ以上を目標にしており、13年は90億ユーロを超える見込みだ。


(関連記事)
【人事速報・機構改革】 バイエル クロップサイエンス (2月1日付)(2013.01.17)

施設の近隣住民向けイベントも バイエルが創立150周年記念行事を計画(2012.12.18)

日本市場で年平均7%以上の成長めざす マライン・デッカーズ ドイツ・バイエル社社長が東京で記者会見(2012.11.26)

【人事速報】 リアム・コンドン氏、バイエル クロップサイエンスの新CEOに (2012.11.05)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る