人事・機構改革 詳細

2013.07.02 
ドイツ人ハーラルト氏が新社長に バイエル一覧へ

 バイエル クロップサイエンス(株)は8月1日付で日本代表・代表取締役社長が交代すると発表した。ギャビン・マーチャント氏に代わり、新たに前韓国バイエル クロップサイエンス社社長のハーラルト・プリンツ氏が就任する。

ハーラルト・プリンツ氏 ハーラルト氏は1965年2月6日生まれ、ドイツ出身。1992年ボン大学(ドイツ)で農学学士号を取得、95年ユーリヒ総合研究機構(ドイツ)で農学博士号を取得した。同年ドイツ バイエル クロップサイエンス社製品開発メタボリズム研究所責任者、98年同農薬部門製品登録部、99年中国バイエル社(上海)農薬事業部技術部長、2000年同農薬事業部長、02年韓国バイエル クロップサイエンス社 事業開発部門責任者、06年タイバイエル クロップサイエンス社 社長、11年韓国バイエル クロップサイエンス社社長。ドイツ語、英語、中国語の3カ国ごを話す(会話レベル)。
 現社長のギャビン マーチャント氏は同日付で退任し、ドイツバイエル クロップサイエンス社農業関連事業経営委員会委員・経営管理部門責任者となる。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ