農薬 ニュース詳細

2013.09.10 
農業関連の投資増やす バイエル一覧へ

 バイエル クロップサイエンス(本社:ドイツ・モンハイム)は9月5日、従来の投資計画を強化し10億ユーロを新たに増やすことを発表した。これにより2013年から16年までの設備投資総額は24億ユーロとなる見込み。

 具体的な設備投資計画としては、[1]北米での除草剤生産工場の新設と、[2]大豆・小麦の種子事業の強化だ。
 [1]では、米国アラバマ州モービルに3億8000万ユーロを投じ、除草剤グルホシネート・アンモニウム(商品名「Liberty」)を世界各国に供給するための大規模な生産工場を建設する。「Liberty」は、除草剤グリホサートの薬剤耐性を抑える唯一の非選択性除草剤として広く使われており、同社がすすめている総合雑草管理(IWA)にも組み込まれている。新工場の操業開始は15年第4四半期を予定している。
 [2]では、14年下半期に北南米で大豆ブランドCredenzを発売。15年には多収小麦の新品種を発売する。Credenzは、病害虫やセンチュウから大豆を守り、除草剤耐性を高めた品種だ。これらの新たな種子は将来的にはアジアにも拡張してく予定だという。
 この日の会見でリアム・コンドンCEOは、「投資の増大で、農薬原体の生産量は大幅に増えるだろう。わが社に対する生産者の需要は増加しており、世界中の生産者が望む革新的な農業ソリューションを提供し、農業の生産性引き上げ、持続可能性向上などに寄与したい」と述べた。


(関連記事)

農業関連事業が好調維持 バイエル上半期(2013.08.09)

新規芝用除草剤「スペクタクル」バイエル(2013.07.18)

バイエル、沖縄で出前授業 サンゴの大切さ学ぶ(2013.07.12)

ドイツ人ハーラルト氏が新社長に バイエル(2013.07.02)

バイエル、小学校で理科の実験教室(2013.06.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ