Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

マラリア対策で室内用スプレー開発 住友化学2014年9月25日

一覧へ

 住友化学はマラリア対策用の室内残効性スプレー(IRS、Indoor Residual Spray)剤を新たに開発。世界保健機構(WHO)に申請した。

 世界のマラリア感染者数は年間約2億人。このうち約63万人が死亡している。マラリアは蚊を媒介してヒトに感染するが、感染の多いアフリカ諸国では既存の殺虫剤に抵抗性をもつ蚊が発見されており、問題となっている。
 今回、同社が開発した新たなIRS剤の有効成分は、そうした抵抗性を持つ蚊への有効性が確認されている。
 同社は、これまで長期残効型防虫処理蚊帳「オリセット」シリーズや、幼虫駆除剤「スミラブ粒剤」などを開発してきた。今回の新IRS剤を加えたさまざまな防除ツールで、国際的なマラリアや感染症の予防にこれからも取り組んでいくとしている。


(関連記事)

【広がるコメビジネス】創りだせるか 新しいマーケット アイリスオーヤマの米事業(2014.09.24)

コメビジネスに参入 住友化学(2014.09.02)

中国で農POフィルム生産拡大 住友化学(2014.08.20)

ジャンプ・葛西選手を起用 ランネート普及会(2014.06.04)

タンザニアに子会社 住友化学(2014.05.26)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る