左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ウィンドファームと長期電力調達契約締結 ダウ・ケミカル2015年3月27日

一覧へ

 ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー(本社:米国ミシガン州、会長兼CEO:アンドリュー・リバリス)はこのほど、テキサス州のダウ製造施設へ、年間200MWの風力電力を供給することについて、ウィンドファームと新たな長期電力調達契約を締結した。

 サウス・テキサスの、約3万5000エーカーの敷地に建設が進められているウィンドファームは、2016年第1四半期に完成を予定している。ウィンドファームの稼働開始後、テキサス州フリーポートにあるダウの製造施設へ、年間200MWの風力電力が供給される見込みだ。この電力量は、5万5000世帯超が必要とする年間電力量に相当する。
 今回の長期電力調達契約により、ダウは、年間200MWという大規模な再生可能エネルギーを使用して、自社の製造施設を稼働させる、米国における初の企業となる。
 また、ダウの風力エネルギー購入量は、事業会社として米国内で3番目の規模になる。世界最大級のエネルギー消費企業の一社として、ダウはエネルギー技術向上に向けた取り組みを先導するとともに、持続可能性目標の達成に向けた取り組みの一環として、2025年再生可能エネルギー目標の実現に、努めていく考えを示した。

 

(関連記事)

米国で化学教育を支援 4年で100万ドル ダウ(2015.01.27)

青果物の鮮度保持技術など売却 ダウ・ケミカル(2014.10.10)

【人事速報】ダウ・ケミカル本社 新役員決める(2014.09.11)

次世代科学者の育成プログラムに参加 ダウ(2014.04.08)

ロシアで浅耕農法推進 ダウ(2014.02.12)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る