農薬 ニュース詳細

2015.05.08 
6月―8月は「農薬危害防止運動」一覧へ

 今年も6月1日から8月31日までの3カ月間、「農薬危害防止運動」が実施される。

 農水省は、厚労省、環境省など共同で、農薬の使用に伴う事故・被害を防止するため、農薬の安全かつ適正な使用や保管管理、環境への影響に配慮した農薬の使用などを推進するために、毎年、農薬の使用機会が増えるこの時期に「農薬危害防止運動」を実施している。
 主な実施事項は
▽啓発ポスターの作成および配布。新聞への記事掲載などによる農薬およびその取扱いに関する正しい知識の普及啓発。
▽農薬による事故を防止するための指導。
▽農薬の適正使用等についての指導。
農薬の適正販売についての指導。
▽有用生物や水質への影響低減のための関係者の連携
となっている。

「農薬危害防止運動」啓発ポスター

(写真)「農薬危害防止運動」啓発ポスター

 

(関連記事)

野菜の5月の生育状況および価格の見通し 農水省 (2015.05.07)

米の相対取引価格 1万2000円を下回る 農水省調べ (2015.04.30)

農水省の審議会委員を公募 農政立案に国民の声 (2015.04.28)

下水処理の熱エネルギーをトマト栽培に活用 (2015.04.28)

農林水産物・食品輸出環境課題レポートを公表 農水省 (2015.04.27) 

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ