左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

下水処理の熱エネルギーをトマト栽培に活用2015年4月28日

一覧へ

次世代施設園芸

 農林水産省は4月24日、次世代施設園芸導入加速化支援事業の新規採択地区を決定し公表した。

 これまでに9施設が採択されており、今回は新たに愛知県豊橋市の拠点が支援対象に選ばれた。場所は豊橋市にある豊川浄化センター。3.6haの2棟のハウスでミニトマトの長期多段栽培、契約栽培に応じた選果・パッキングを行う集出荷施設も整備する。
 下水処理場の放流水などの熱エネルギーを活用し、化石燃料使用量を3割以上削減する。炭酸ガス供給や根域環境制御などで最適な生育環境を生みだし10aあたり21tの高単収と安定生産もめざす。民間企業、生産者、行政、JAと契約販売先でコンソーシアム(共同事業体)を構成、市場調査やそれに応じて新品種栽培なども展開する。

 

(関連記事)

農水省の審議会委員を公募 (2015.04.28)

農林水産物・食品輸出環境課題レポートを公表 農水省 (2015.04.27)

外国資本による森林買収1153haに 農水省 (2015.04.27)

植物による食中毒予防でWebサイト新設 農水省 (2015.04.27)

食育優良活動を募集 農水省が表彰事業 (2015.04.21)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る