農政 ニュース詳細

2015.04.27 
外国資本による森林買収1153haに 農水省一覧へ

 農水省は平成26年における森林買収についての調査結果をまとめた。

 平成26年1月から12月までの森林買収は、北海道、群馬県、神奈川県、山梨県、長野県の1道4県で、13件173haだった。
 面積が大きいのは北海道壮瞥町の48haと41ha、同伊達市の46haでいずれも英領ヴァージン諸島の法人が不動産開発の目的で取得。次いで同ニセコ町の10haをカナダの個人が資産保有目的で取得している。
 農水省によれば、平成18年から26年における外国資本による森林の取得は、1道9県の92件1153haになっている。もっとも多いのは、北海道の74件1078ha、次いで群馬県の2件44haとなっているが、神奈川県箱根町の8haや沖縄県の今帰仁村の5haも含まれている。

(関連記事)

森林施業プランナーの認定1000人超える 森林施業プランナー協会 (2015.04.03)

全国で認定森林施業プランナー情報交換会(2014.07.15)

「農協の制度改革に強い懸念」JJCが声明(2014.06.02)

災害被害支援などに3445万円 コープみらい(2014.05.26)

農中森力(もりぢから)基金を設立(2014.05.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ