農政 ニュース詳細

2014.06.02 
「農協の制度改革に強い懸念」JJCが声明一覧へ

日本協同組合連絡協

 日本協同組合連絡協議会(JJC)は5月30日、政府の規制改革会議が提案した「農業協同組合の見直し」に対し、「協同組合の自主・自立を考慮しない一方的な制度改革に強い懸念を表明する」との協同声明を発表した。JJCのほか、協同組合関係団体が賛同を表明している。

 声明では、東日本大震災で果たした協同組合の役割を挙げ、「相互扶助の精神に基づき、それぞれの事業特性を発揮し、地域のくらしと産業の復興に努めてきた」と指摘。また、2012年の「国際協同組合年」に触れ、これは国連が「世界が金融や経済の危機に直面する中で、「協同組合の持つ社会や経済の安定に果たす役割を高く評価したため」であり、日本政府も「協同組合の発展をできる限り後押し」すると表明したと明記。
 その上で、協同組合も時代の変化に応じた改革の努力は必要だが、しかしそれは「あくまで組合員の立場に立った協同組合自身による自己改革が基本」と強調した。
 そうした意味で、今回の規制改革会議の提案は「自主・自立、民主的運営を基本に組合員の出資・運営参加により事業を実施する協同組合のあり方が考慮されておらず、一方的に制度改革を迫るものであり、強い懸念を感じる」と結んでいる。
 なおJJCは農協、生協、漁協、森林組合など、国際協同組合同盟(ICA)に加盟する協同組合14団体で構成されている。またこの声明には、生活クラブ事業連合生活協同組合連合会、全国厚生農業協同組合連合会など6団体が賛同を表明している。


(関連記事)

【特別寄稿】"農協改革"ついに本丸へ 福間莞爾・総合JA研究会主宰(2014.05.30)

農政審でも農協議論を 企画部会で意見(2014.05.30)

【農協改革】事業譲渡案に反論 農林中金(2014.05.27)

【農協改革】安倍総理、農協改革に意欲(2014.05.20)

規制改革会議の農協つぶし(2014.05.19)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ