米・麦・大豆 ニュース詳細

2015.04.30 
米の相対取引価格 1万2000円を下回る 農水省調べ一覧へ

 農林水産省は4月28日、26年産米の3月の販売状況や相対取引価格などを公表した。

 3月の相対取引価格は全銘柄平均で60kg1万1943円(包装代、消費税込み)だった。対前月比で0.8%下がり1万2000円台を割り込んだ。包装代、消費税を差し引いた販売価格は1万904円となっている。出来秋から3月までの全銘柄平均価格は1万2067円となっている。
 3月末の全国の集荷量は342万t、契約数量は263万t、販売数量は143万tとなった。集荷数量に対する比率は契約数量が77%、販売数量が42%となっている。事前契約数量は99万tで、集荷数量に対する比率は29%となっている。
 全国段階の民間在庫は出荷・販売段階計で284万tとなった。前年同月差で7万tの減となった。

 

(関連記事)

農水省の審議会委員を公募 農政立案に国民の声 (2015.04.28)

下水処理の熱エネルギーをトマト栽培に活用 (2015.04.28)

農林水産物・食品輸出環境課題レポートを公表 農水省 (2015.04.27)

外国資本による森林買収1153haに 農水省 (2015.04.27)

植物による食中毒予防でWebサイト新設 農水省 (2015.04.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ