Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

売上高149億円 エス・ディー・エス2017年5月26日

一覧へ

 (株)エス・ディー・エスバイオテックの2017年3月期決算は、同社の主力製品であるダコニール原体の出荷は順調だったものの、海外子会社の業績不振などが響き、当期純損失は2億300万となった。

決算説明する高橋順一社長 日本の農業を取り巻く事業環境は、農業の生産性を高め、生産農家の所得向上を図る政策のもと、生産資材価格の引き下げやジェネリック農薬の登録のあり方をはじめ、農薬取締法の国際標準化を目指す法改正が進められており、市場環境の激変に対応した事業運営が求められている。
 同社グループは、世界的なダコニール需要の増加により、出荷は好調だったが、国内の水稲除草剤分野で、ベンゾビシクロンの新規混合剤への切替が遅れたことや、海外での農薬登録の遅れにより出荷が伸び悩んだ。
 またインドの連結子会社であるラムサイズ社において、天候不順による在庫調整の影響や病害虫の発生が少なかったこともあり、農薬の販売は低調に推移したことから、同子会社は4億9700万円の債務超過に陥った。
 この結果、売上高は149億8800万円、営業利益は7億3400万円、経常利益は5億6100万円、親会社株主に帰属する当期純損失は2億300万円となった。(当会計年度は決算期の変更により15か月間となったため、前年同期比は発表しなかった)。
(写真)決算説明する高橋順一社長

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る