Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

創立90周年記念式典を開催 日本農薬2018年11月26日

一覧へ

 日本農薬(株)は11月21日、東京プリンスホテルにおいて業界関係者ら150名余を招き、創立90周年記念式典を盛大に開催した。

挨拶する友井洋介社長 日本農薬株式会社は1928年(昭和3)、日本初の農薬専業メーカーとして誕生した。以来、創薬を通じ、安全で安定的な食の確保と日本農業の近代化に貢献してきた。
 友井洋介社長は、創業以来の経過に触れ、「旭電化の農業薬品部門と藤井製薬が合併し、昭和3年11月17日、わが国初の農薬専業メーカーとして「日本農薬株式会社」が誕生した。社名は日本でただひとつの農薬会社という意味を込めたものと聞いている。90年を経た現在、弊社は「農薬」を社名に掲げる唯一のメーカーとなっている」と説明した。
 また創立50周年にあたる1978年、自社開発第1号となる、いもち病防除剤「フジワン」の開発に成功し、研究開発型企業としての第一歩を踏み出したこと、海外市場展開では現在、アジア・欧州・米州の3極体制を目指し、海外子会社10社を有するに至っていることなどを述べた。

(写真)挨拶する友井洋介社長

 

祝辞を述べる山崎周二JA全農専務理事 続けて、同社グループビジョン「Nichino Group-Growing Global~世界で戦える優良企業へ~」を掲げ、研究開発型企業として2028年の創立100周年、その先の未来を見据え、研鑽・努力していくことを表明した。
 全農の山崎周二代表理事専務は、来賓の挨拶で、「日本農薬(株)とJAグループとは、1964年に全購連(現全農)と取引を開始して依頼の長い関係にある。農業情勢は激変しており、JAグループも改革に取り組んでいるが、農業の新たな発展に向け、ともに挑戦して頂きたい」と述べた。

(写真)祝辞を述べる山崎周二全農専務理事

※山崎周二氏の「崎」は正式には異体字です。

 

(関連記事)
世界で戦える優良企業へ-日本農薬 新中経策定(18.11.14)
営業利益22%増-日本農薬9月期決算(18.11.15)
新規殺センチュウ剤「ネマクリーン粒剤」を販売 日本農薬(18.01.30)
コロンビアAdnicol社を子会社化 日本農薬(17.12.28)
子会社ハイデラバード社の商号変更 日本農薬(17.12.22)
的場 稔氏がシンジェンタジャパン社長に(17.10.06)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る