左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

的場 稔氏がシンジェンタジャパン社長に2017年10月6日

一覧へ

 シンジェンタジャパン(株)は、10月20日付で的場稔氏が代表取締役社長に就任し、篠原聡明現社長が退任すると発表した。

的場稔・シンジェンタジャパン代表取締役社長 新社長に就任する的場稔氏は、シンジェンタ北東アジア地区(日本、韓国、台湾)を統括する総支配人を兼任する。
 新社長に就任する的場氏は、略歴にもあるように農薬業界での営業及びマーケティングでの豊富な実績と経験をもち、2006年からは、シンジェンタジャパンの執行役員ローンアンド ガーデン事業本部長として、緑化・フラワービジネス等で同事業の売上げを倍増させるなど、その約10年間にわたる成長を牽引して来た。
 社長就任にあたり、的場氏は次のように述べている。
「日本の農業と農薬市場は大きな変革の時代を迎え、規制緩和やグローバルスケールでの業界再編など戦後最大の転換期にあるなか、将来は不確実性が高いものの可能性に満ちたものでもあると考えます。シンジェンタが持つグローバルの研究開発能力、イノベーション、人材を総動員するとともに、また農薬・種苗のみならず業種・業界を超えたパートナーシップの強化をすすめ総合的な付加価値の高いソリューション構築を通じて、社会・農業に貢献してまいる所存です。」

(写真)的場稔・シンジェンタジャパン代表取締役社長

【略歴】
まとば・みのる
1960年11月21日東京生まれ。
1983年明治大学政治経済学部卒業、日本農薬(株)入社。2000年ノバルティスアグロ(株)(現シンジェンタジャパン株式会社)入社。01年シンジェンタジャパン(株)マーケティング部畑作物クロップマネージャー、04年クロッププロテクション営業本部 札幌事務所長、06年シンジェンタUSでの勤務を経て、シンジェンタジャパン(株)プロフェッショナルプロダクツ部部長、11年執行役員ローンアンドガーデン事業本部長、17年10月20日代表取締役社長およびシンジェンタ北東アジア地区総支配人に就任。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る