Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

グループ売上高0.9%増 ドイツ・バイエル2019年8月6日

一覧へ

 ドイツ・バイエル社は7月30日、2019年第2四半期の決算を発表した。

 バイエルグループの第2四半期の売上高は、為替およびポートフォリオの調整後ベースで0.9%増の114億8500万ユーロ。特別項目計上前EBITDAは、前年同期比24.7%増の29億2700万ユーロだった。
 同社のヴェルナー・バウマン社長は、「バイエルの業績は順調に推移している。クロップサイエンス部門の売上高は主に北米地域の異常気象により押し下げられたが、医療用医薬品部門では力強い成長を記録した」と述べた。
 主な部門別の売上高をみると、医療用医薬品部門は、3.9%増の44億2200万ユーロ。中国の事業が好調を維持し、経口抗凝固剤「イグザレルト(R)」と眼科用VEGF阻害剤「アイリーア(R)」も好調だった。
 コンシューマーヘルス部門(セルフヘア製品)の売上高は、2.1%増の14億4200万ユーロ。中南米地域で大きく成長し、ヨーロッパ、中東、アフリカ地域およびアジア・太平洋地域においても事業が拡大した。
 農業関連事業(クロップサイエンス部門の売上高は、47億8800万ユーロ。米国モンサント社の買収が主な要因となり、売上高は59%増加した。第2四半期は異常気象の影響を受け、特に米国中西部の洪水と豪雨、またヨーロッパの広い範囲とカナダで干ばつが悪影響をおよぼした。
 特別項目計上前EBITDAは、66.9%増の10億7500万ユーロ。この増加は、買収した事業からの利益貢献を主な要因とする。売上高の減少、BASF社に売却した事業からの利益貢献がなかったこと、在庫の評価損および為替のマイナス効果 2600万ユーロが利益を押し下げた。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る