人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

グループ売上高は0.2%減 2023年第3四半期 独バイエル2023年11月15日

一覧へ

ドイツ・バイエル社は11月8日、2023年度第3四半期の決算を発表した。グループ売上高は前年比0.2%減の103億4200万ユーロ。クロップサイエンス部門(農業関連事業)、医療用医薬品部門の売上は横ばいでコンシューマーヘルス部門は微増し、全事業部門において特にクロップサイエンス部門で減益した。

バイエルグループの2023第3四半期の売上高は、為替およびポートフォリオの影響の調整後で0.2%減少して、103億4200万ユーロとなった。売上高は、為替から7億4200万ユーロのマイナスの影響を受けた。

特別項目計上前EBITDAは、主にクロップサイエンス部門の減益により、31.3%減少して16億8500万ユーロ。また、為替から3100万ユーロのマイナスの影響も受けた。EBITは、マイナス35億9400万ユーロで、主にクロップサイエンス部門における減損テストに起因する特別損失純額43億300万ユーロを含む。当期純利益はマイナス45億6900万ユーロとなり、1株当たりコア利益は66.4%減少して0.38ユーロとなった。

クロップサイエンス部門の売上高は、前年同期並みの43億6500万ユーロ。すべての地域における販売量の増加は、例外的に好調だった前年度に続きグリホサート関連製品の販売価格の低下によりほぼ相殺された。

トウモロコシ種子・形質の売上高は、すべての地域における販売価格の上昇に牽引され、21.2%増加。殺菌剤の売上高は、主に中南米地域での販売量の増加により16.2%増加した。大豆種子および形質の売上高も同様に、主に中南米地域でのライセンス収入の増加により15.6%の2桁成長を達成。対照的に、除草剤の売上高は17.3%減少した。

クロップサイエンス部門の特別項目計上前EBITDAは、主にグリホサート関連製品の価格下落により、2400万ユーロの減少。また、主にインフレに起因する売上原価の上昇が利益を押し下げたが、為替からは1億2100万ユーロのプラスの影響があった。特別項目計上前EBITDAマージンは、13.9%・ポイント減少し、マイナス0.5%となった。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る