食品流通 ニュース詳細

2013.09.11 
食品産業の景況感改善 日本公庫、上半期調査一覧へ

 日本政策金融公庫は9月6日、7月に実施した平成25年上半期食品産業動向調査結果を発表した。それよると、景況DI(※)は売上高、経常利益、資金繰りがそろって改善し、前回調査から回復に転じた。

 公庫によると、景況感を示す上半期のDIは、前回(24年下半期)に比べ、4.4ポイント上昇し、マイナス15.0となった。これは前回に比べ、売上高DIが4.6ポイント、経常利益DIが6.2ポイント、資金繰りDIが2.6ポイント上昇したことによる。
 先行き下半期見通しについては、景況DIがさらに11.4ポイントと大幅に上昇し、マイナス3.6と改善が続く見込み。

全国の景況DI

(上の図はクリックすると大きな画像にリンクします)

【DI】
 企業を対象に、前年同期と比較して「増加する(良くなる)」の鵜構成比(企業の割合)から、「減少する(悪くなる)」の構成比を差し引いたもの。景況の判断に使われる。


(関連記事)

食品産業景況、3半期ぶりに悪化(2013.03.21)

農業景況DI8年ぶりプラス 公庫が調査(2013.03.21)

景況感2期連続で改善 震災のマイナス影響が緩和(2012.09.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ