左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

過去最大の出展数に 東北復興商談会2015年2月27日

一覧へ

 「JAグループ主催東北復興商談会」が2月23日に仙台市で開かれた。東北地区のJAや農業法人など過去最大の54団体がセラーとして参加、バイヤーも約60企業が参加した。

 農林中央金庫は被災地支援のための「復興支援プログラム」を平成23年4月に創設し、このプログラムに基づき東北6県の農林水産物の販路開拓を支援する東北復興商談会を開いてきた。23日に仙台市で開いた商談会は4回目となった。
 昨年の商談会では24件の商談が成約し第1回からの累計で90件成約という成果を上げている。
 JAグループ、JFグループや日本法人協会との連携で過去最多の54団体がセラーとして参加した。あいさつした農林中央金庫の宮園雅敬副理事長は「生産再開を反映したもので大変喜ばしい。復興ステージに即した支援を継続していく」などと話した。
 今回は初めて日本貿易振興機構に海外輸出案内のブース設置したほか、被災地域の活性化に取り組んでいる企業の展示ブースも設置した。バイヤーはおもに首都圏、仙台圏の小売、食品加工、ホテルなどが参加した。

 

(関連記事)

「被災地の元気企業」で顕彰 JA東西しらかわ(15.02.20)

震災復興と支援のためのフォト資料集発行 (15.01.30)

東北3県に就学支援奨学金を寄付 BASF(2015.01.14)

仙台で復興支援のセミナー 農林中央金庫(14.01.23)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る