想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米・野菜・鶏卵は「国産」なら安全 日本公庫「食の安全」調査2015年9月14日

一覧へ

 日本政策金融公庫(日本公庫)農林水産事業は、平成27年度上半期消費者動向調査で「食の安全」への関心度や食品購入する際の安全性の判断基準についての調査を7月に行い、その結果を9月9日に発表した。

 「交通事故など様々なリスクを意識しながら生活を送る中で、『食の安全』は消費者にとってどの程度の位置づけにあるのか」という問いに対して、平均で49.3%の人が「食の安全」について関心を高く持っていることが分かった。その中でも特に70代は72.8%の人が関心を高く持っていると答えた。
 「食品購入時にどこで安全性を判断しているか」という問いを品目別に行い、「国産」であることで安全と判断すると答えた品目は、米、野菜、鶏卵だった。また「鮮度」で判断すると答えた品目は、果物、魚介類。鮮度と同意味として「製造年月日」と答えた品目は「牛乳乳製品」だった。
 食肉、弁当、加工食品については、「店舗・販売業者」を安全性の判断基準にすると最も多くの人が答えた。
 今回の調査対象は全国20~70歳代の男女2000人(男女各1000人)。

(関連記事)

食費の節約傾向の反映 日本公庫 (15.08.28

農業経営アドバイザー3354名に 日本公庫(15.08.17)

当期純損失1347億円を計上 日本公庫 (15.06.03)

口永良部島噴火で災害特別相談窓口 日本公庫 (15.06.02)

担い手農業者向け融資が伸長 日本公庫 (15.05.12)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る