食品流通 ニュース詳細

2015.11.19 
海上輸送でコスト9割削減 青果物の呼吸管理で鮮度保持一覧へ

郵船ロジスティクス(株)

 郵船ロジスティクス(株)は、日本の農産物の輸出促進を目的とした海上輸送を行う際、リーファーコンテナの酸素濃度をコントロールするCA化技術”Maxtend”で、従来の航空輸送に比べ9割輸送費を削減できる新しい輸送サービスを始めた。

窒素ガス充填作業の様子、Maxtendコントローラー 一般的に海上輸送する際、冷却ユニットのついたリーファーコンテナ、あるいはリーファーコンテナよりも鮮度保持効果が高いとされる空気の組成を管理できる機能(CA機能)がついたCA(Controlled Atmosphere)コンテナがあるが、CAコンテナはコンテナ自体の流通量が少ないため輸送したくてもコンテナが取り回されてこずタイムリーに輸送できないなどの課題があった。
 今回のMaxtendシステムは、リーファーコンテナに窒素ガスを注入し、専用機器を取り付けることで輸送中の酸素濃度の管理を行い鮮度保持効果を高めるCA化技術のことで、CAコンテナと同等の機能を発揮できる仕組み。酸素濃度を管理することで、青果物が呼吸を行い劣化することを防ぐ。例としてリンゴでは、冷蔵保管で約10分の1、CA技術では約20分の1に呼吸を抑えることができるとされている。
 同システムを利用しシンガポールに輸出を行った(株)藤生の担当者は、食味、鮮度が非常に良かったとし、現地での売行きが好調だったと話した。「航空輸送は鮮度など申し分ないが、コスト的部分で高額になってしまい、現地では富裕層の客しか買えない販売価格になってしまう。同技術を利用しコスト削減を行った結果、販売価格にも差が生まれ、販売エリアの客にくまなく買ってもらえる」と話した。
 Maxtendを開発したオーストラリア三菱商事と契約を締結した同社が、日本で唯一CA輸送サービスを提供できる物流企業となっている。
(写真)窒素ガス充填作業の様子、Maxtendコントローラー

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ