左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食の技術の総合トレードショー「FOOMA JAPAN2016」6月7日より開催 日本食品機械工業会2016年4月11日

一覧へ

 「FOOMA JAPAN2016国際食品工業展」が6月7日~10日の4日間、東京ビッグサイトにおいて開催される。これに先立ち(一社)日本食品機械工業会は4月7日、第一ホテル東京で同展概要などを説明した。

FOOMA概要を説明する櫻澤誠実行委員長 同展の目的は、食品機械、装置及び関連機器に関する技術ならびに情報の交流と普及を図り、併せて食品産業の一層の発展に寄与することとだ。「食の安全・安心」に関心が高まる中、食品機械の最先端テクノロジー、製品、サービスを通して「食の技術が拓く、ゆたかな未来」を提案していく。
 今回で39回目の開催となる同展には、国内外683社が、東展示棟の2万8492平方メートルを使用し、「おいしい技術をアップデート」をテーマに最新の機器、技術、サービスなどを出展する。
 同展事務局は、昨年(来場者実績9万2802人)を上回る来場者数を見込んでいる。
(写真)FOOMA概要を説明する櫻澤誠実行委員長

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る