食品流通 ニュース詳細

2019.03.27 
食品産業景況4半期連続でマイナス 日本政策金融公庫一覧へ

 日本政策金融公庫は、1月に実施した「食品産業動向調査」の結果を発表した。

 平成 30年下半期の食品産業の景況動向指数は、平成 29 年上半期以降、4半期連続のマイナス値、マイナス幅拡大となり、食品関係企業の景況の悪化が続いてる。
 平成31年上半期見通し(▲6.3)は、平成30年下半期に続きマイナス値となるものの、マイナス幅は縮小し、持ち直しの動きとなる見通し。
 一方、雇用判断動向指数は平成21年頃から上昇傾向にあり、今回調査では過去最大の 41.3を記録した。平成9年の本調査開始以降、最も労働力が不足している状況であることを示している。

 

(関連記事)
食の志向 「健康志向」が過去最高を更新 日本政策金融公庫(19.03.08)
林業・水産業の経営アドバイザー33人誕生 日本公庫(19.02.07)
食品業の景況DI5半期連続低下 日本公庫(18.10.09)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ