左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

緊急事態宣言受け、生産者のフードレスキュー体制強化 ポケットマルシェ2020年4月10日

一覧へ

 全国の農家や漁師などの生産者と消費者を直接つなぐアプリ「ポケットマルシェ」を運営するポケットマルシェ(岩手県花巻市)は、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の発令を受け、過剰在庫を抱えた生産者へ速やかに食材販売の場を提供できるよう、4月末まで生産者審査体制を強化する。生産者は、出店申込みの翌営業日から出品が可能となる。

ポケットマルシェ
 ポケットマルシェは、3月3日から新型コロナウイルス感染拡大の影響で、飲食店や学校などに出荷ができなくなった生産者を応援するため、サービス内に「#新型コロナで困っています」というタグを設け、生産者が食材を出品する際に、フードレスキューを必要としている生産者と消費者のマッチングを促進してきた。

 「#新型コロナで困っています」タグを使用した出品数は、東京都で週末の外出自粛要請が出された3月25日を境に、増加傾向にあり、4月7日の緊急事態宣言の発令によって、飲食店などの休業が加速したことで、新たな販路を求める生産者がさらに増加する可能性がある。

 ポケットマルシェは、過剰在庫を抱える生産者へ速やかに食材販売の場を提供するため、4月末まで生産者の審査体制を強化し、出店申込みの翌営業日から出品できるようにする。
 

(関連WEBサイト)
【ポケットマルシェ サービスサイト】
【生産者申し込みページ】

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る