想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

医療現場や子どもたち支援のため募金活動開始ーコープみらい2020年6月9日

一覧へ

コープみらいは、6月8 日から全134店舗および宅配サービスで、「新型コロナウイルス感染症に負けない!緊急応援募金」を始めた。

医療現場や子どもたち支援のため募金活動開始ーコープみらい
募金は、新型コロナウイルス感染拡大防止に向け最前線で活動する医療現場、子どもやその家族をめぐる生活課題の長期化・深刻化に対する取り組み、途上国で命の危険にさらされる子どもたちへの支援に活用する。

コープみらいは、6月までに千葉県・埼玉県・東京都に、新型コロナ対策医療支援として各100万円、赤い羽根「子どもと家族の緊急支援全国キャンペーン」(千葉県、埼玉県、東京都の共同募金会)に各50 万円の計450万円を寄付した。

今回、組合員から募金を通じて応援したいという声があり、募金を実施することにした。今後も、新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束へ向け、必要な支援を実施していく。

募金の概要は以下の通り。
【期間】6月8日~7月10日(コープデリeフレンズは7月12日まで受付)

【支援先】医療現場=千葉県「新型コロナウイルス感染症対策に係る寄附金」、埼玉県「新型コロナウイルス感染症対策推進基金」、東京都「守ろう東京・新型コロナ対策医療支援寄附金」▽子どもと家族=赤い羽根子どもと家族の緊急支援 全国キャンペーン(千葉県・埼玉県・東京都の各共同募金会)▽途上国の子どもたち=日本ユニセフ協会「新型コロナウイルス感染症緊急募金」

【受付方法】店舗=備え付けの募金箱やレジ精算時の現金による募金のほか、ポイントカードに貯まっているポイント( 1ポイントにつき1円)を募金として受け付ける▽宅配=宅配OCR注文書による1口100 円および1000 円の募金のほか、ポイントを使った募金(1口10ポイント、100ポイントおよび全ポイント)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る