想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

花き業界のデジタル格差解決へオンラインセミナー開催 アドビ2020年7月28日

一覧へ

アドビ(株)は、(株)STARMINE PLANNINGを中心に発足した「with Flowers Project」に協賛し、花き業界が抱える「デジタル格差」を解決するためのデジタル・SNS支援プロジェクト「デジタルレスキュー」を実施する。具体的な施策としては、8月6日に全国の生花店を対象とした「SNSで映える花の撮り方オンラインセミナー」をウェビナー形式で無料で開催。現在、参加者を募集している。

「デジタルレスキュー」SNSで映える花の撮り方オンラインセミナー概要

新型コロナウイルス感染対策のための非接触コミュニケーションが増えたことでECやキャッシュレス決済サービスの拡大、SNSコミュニケーションの加速など新しい生活様式が導入され、消費行動のデジタル化が加速している。こうしたデジタル時代に適切なツールを提供することで、事業者のデジタル化を支援しているアドビが、花き業界に焦点を当て、オンラインセミナーという形式でサポートする。

花き業界は他の業界以上に「デジタル格差」が広がっている。一部のオーナーが積極的にオンライン化を進める一方、多くの生花店は小規模経営化やオーナーの高齢化が進んでおり、デジタル活用が進まない状況にある。

オンラインセミナーは、生花店のデジタル・SNS強化を目的に開催。花の映える写真の撮り方や加工方法、SNSでの運用法をレクチャーし、効果的な顧客接点を生み出すデジタル強化の第一歩を後押しする。

今回の協賛について同社マーケティング本部バイスプレジデントの秋田夏実氏は、「アドビは、『世界を変えるデジタル体験を』というミッションのもと、想いが伝わるクリエイティブを作るためのツールや、顧客体験を向上させるマーケティングツールを提供している。今プロジェクトでは、アドビのクリエイティブツールを通じて、生花店が新しい生活様式に対応した顧客体験作りをするためのサポートをしていきたい」と話している。

また、STARMINE PLANNING代表の長井ジュン氏は「デジタルレスキューを通じて、デジタル上でも作り手の想いが伝えられる素晴らしさを、1人でも多くの花屋さんに届けられたらうれしい」と述べている。

◆「デジタルレスキュー」SNSで映える花の撮り方オンラインセミナー概要
日時:8月6日 10時~11時

場所:オンライン

プログラム

(1)花を綺麗に撮る方法、加工の方法
(2)SNSの始め方

登壇者:with Flowers Project発起人 長井ジュン、写真家・ライター 桐生彩希氏、エージェント(株)榎本真太郎氏

募集期間
:7月22日~8月3日24時まで

募集人数
:50人

参加費
:無料

【アドビとwith Flowers Projectで全国の花屋を「デジタルレスキュー」するオンラインセミナー開催】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る