想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農福連携でイチゴ生産の遊士屋「P2P」プロジェクトメンバーに就任2020年10月27日

一覧へ

福祉と掛け合わせた自社農園から、高品質なイチゴの生産と国内外へ販売する遊士屋(株)は、代表取締役の宮澤大樹氏が、日本初の「受刑者のためのライフキャリアスクールPower to the Prisoners!(P2P)」のプロジェクトメンバーに就任したと発表。刑務所や少年院から社会復帰するまでの間を教育で繋ぐことをめざすスクール「P2P」で、農業を通じた回復/成長プログラムの開発や、その他 事業性と福祉・ウェルビーイングを両立させた事業開発を担う。

農福連携でイチゴ生産の遊士屋「P2P」プロジェクトメンバーに就任

P2Pは、仮釈放・満期出所後の元受刑者や少年院出院者に対し、ソーシャルスキルやビジネススキルなどを磨くための入所型トレーニングカリキュラムを提供し、一人ひとりが自身の強みを活かし、生きがいを持って社会復帰できるようサポートする取り組み。「心身の回復とウェルビーイングな生き直し」を掲げる回復・成長支援団体 ワンネス財団と、(株)YeeYが共同で企画・運営を始めた。

遊士屋はこれまで、農業と福祉を連携させた農園運営を行い、福祉的な回復・成長と雇用創出への成果をあげてきた。農園でつくるイチゴの品質も国内外で高く評価され、それが働く人のやりがいやモチベーションとなる好循環をつくっており、一連のノウハウを今回のP2Pプロジェクトにも応用することをめざす。

同社代表の宮澤氏は「P2Pは、対処療法的なアプローチでなく、教育などの機会を提供することにより問題の根本を解決しようとする新しい枠組み。これまでの経験を活かし、農業やその他、事業プロセスの中にあるウェルビーイングの起点となる要素をとらえ、より良いプロジェクトにしていくことで、私たち全員にとって暮らしやすい社会を実現していきたい」と話している。

同社は、福祉と掛け合わせた自社農園でイチゴを生産し、自社ブランド「BERRY」は、白いちご"淡雪"や"よつぼし"、"紅ほっぺ"などの品種を栽培。国内での直接販売や、タイ・シンガポール・台湾・香港などへの輸出している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る